モテる男になる方法

モテる男になるための恋愛マニュアル

投稿日:

今回はモテる男のための恋愛マニュアルを読んでみたので、その内容をまとめてみました。
あくまで他人の恋愛マニュアルであり、あなたなりに持っている恋愛マニュアルとは合わないかもしれない。

しかし、その恋愛マニュアルはその人が恋愛に対して成功した事例であり嘘ではありません。
この恋愛マニュアルで全員が上手くいくかどうかは責任が取れませんが、目からうろこの情報が盛りだくさんとなっているので見て後悔はありませんのでで、ぜひ参考にしてください。

こんな方におすすめ

  • 実際に女性と出会う機会が多い人
  • 街コンに参加するが女性から返信が来ない人
  • 女性からモテたい人
  • 女性との接し方がわからない人

女性がコミュニケーションで求めていることを理解する

あなたは女性が男性とコミュニケーションを取るときに求めていることを説明できるでしょうか?

優しくしてほしい?自分の話を聞いてほしい?

色々と回答はあると思いますが、女性が男性に求めている事は「感情」です。
女性は自分の感情を動かして欲しいと思っているのです。

これは狩猟時代からの人間の習慣が原因らしいのですが、男性が理論的に物事を考えるのに対して、女性は感情的に物事を考えます。
女性同士の会話で、よく相手の意見に共感している姿を見ると思いますがそういうことなのです。

しかし、女性は男性が思っているように褒められるだけでは感情は動きません。
なぜならば、女性は男性から褒められ慣れているからです。
わかりやすく例えると、同じ職場の女性であるならまだしも、基本的には女性に対してあまり暴言を吐く人はいませんよね。

あなたも経験があると思いますが、普段から言われ慣れていることに対して感情は動きませんよね。
おそらく「またか。」という程度にしか感じないでしょう。女性もそれと同じです。

残念ながらこのことを理解している男性はとても少ないのが実態です。
女性がコミュニケーションで求めていることを理解していないと、婚活をしていて女性と出会っても、ありきたりな話ばかりをするからあなたへの印象は全く残りませんし、
最悪つまらない男と思われてしまうかもしれいません。

これを理解したのであれば、まずは「つまらない質問攻め」、「べた褒め」をすることはやめましょう。

やめるためには何故ほとんどの男性はそのようなつまらない行動を取ってしまうのか理解しましょう。
つまらない行動を取ってしまう原因は、「女性に嫌われたくない」という気持ちがあるからです。

たしかに婚活をしているのだからリスクを取るよりかは女性に嫌われない安全策を取りたい気持ちはわかります。
しかし、リスクを恐れていては前には進めません。
婚活では、女性への印象付けも重要です。印象付けをするためには、他の男性とは違う接し方をする必要があります。

だからと言って大胆な行動を取れと言うわけではありませんが、「女性に嫌われない」ではなく「女性に好かれたい」と思うことが大切です。

女性をからかう会話術

女性の感情を動かすためのもっとも簡単な方法は、女性をからかうことです。
あなたにも経験があると思いますが、相手から自分とは全く関係のないことを言われたりすると全力で否定すると思います。

この時に少なくとも否定しようという感情が動いています。
モテるための会話では、まず「からかうスキル」を身に付けましょう。

今回は、からかうスキルの中でも実現性があり、誰でも簡単に行える4つをご紹介します。

からかうスキルとは?

ただ女性をからかうわけではありません。
女性との立場と力関係をはっきりさせることと、女性の感情を動かすためのスキルのことです。

優しさだけではダメな理由

女性に対して優しい事は大切ですが、それだけではつまらない男に見えてしまいます。
例として、会社の後輩がいきなり自分のことをべた褒めしてきたら何か裏があるのではないだろうか?と疑ってしまいますよね。
バカにする

ポイント

  • 個人の趣味や嗜好や持ち物が対象
  • 顔、体型、学歴など相手が悩んでいるかもしれないネタは対象外

アニメやドラマでもよく見る光景ですが、夫婦漫才やお互いをバカにし合っている間柄の方が仲が良いと言えますよね。
婚活も同じで女性のことをバカにすることで親しみがわきます。
また、普段褒められ慣れているのでバカにされることは新鮮さがあって感情を動かすことができます。

しかし、女性をバカにするうえで注意点があります。
本気でバカにするのではなく、冗談で言っていますよということが相手に伝わるようにバカにしてください。

会話の例


ご趣味は何ですか?

旅行や散歩をすることです。

すごいですね。九州まで歩いて行くんですか。

行きませんよ!!

例えばあなたが可愛がっている後輩との対応を思い出してみてください。
後輩のことをからかうためにバカにすることがあると思いますが、それは可愛いからそうしているわけで、本気でバカにしているわけではありませんよね。それと同じです。

バカにすることで「この人は他の男性と違う」、「私のこと本当に好きなの?」。
このように相手を思わせればあなたの勝ちです。

人は手に入らないものほど欲しがるので、自分に興味があるのかわからない程度の関係が一番よいというわけです。
しかしバカにしすぎてもあまり良くないので、バカにすると褒めるを8:2程度にしておきましょう。

決めつける

ポイント

  • 事実とはちがうことを言う
  • 一般的に悪い印象のことを言う
  • 相手が思っていそうなことをストレートに言う

自分がしていないこと、自分とは全く関係のないことを言われると人は否定しますが、そのときに感情が動くのです。
これも冗談だというのがポイントですが、事実と異なると簡単にわかることや相手が思っていそうなことをストレートに言うのがオススメです。

そして、自分が行った事に対して当たっていた場合は、相手に共感してあげましょう。
間違っている場合は、「冗談です。」などさらっとフォローをして流すようにしましょう。

会話の例1


どの高級マンションに住んでいるんですか?

いや、高級マンションに住んでませんよ。

すみません、一軒家の間違いでした。やっぱり田園調布とかですか?

だから、そんなにお金ありませんから。

会話の例2


っあ!今、私の住んでいるところ田舎だなと思いましたよね?

いや、思っていないですよ。

こんな感じで相手が冗談とわかるけど、相手が否定したくなるような内容を会話にちらほらと入れてみましょう。

まともに答えない

ポイント

  • 女性からの質問に対して真面目に答えない
  • あまりやりすぎない

大半の男性は女性からの質問に対して真面目に答えます。
真面目な回答も大切ですが、オリジナリティがなくつまらない内容になりがちですので相手の印象に残りません。

女性から質問が来た場合は、面白おかしく真面目に答えないで適当な答えを返してみてください。

会話の例1


ご趣味は何ですか?

っえ?街コンです。

会話の例2


お仕事はなにしているんですか?

社畜をしています。

しかし、あまり適当に扱いすぎると面倒くさい男性と思われてしまうのでほどほどにしましょう。
会話の中で一度入れる程度で良いと思います。

焦らせる

ポイント

  • すぐに気づかれないような嘘

人は焦っている時も感情が動いています。
自分が焦っている時のことを想像すればわかると思います。

女性をからかいながらも焦らせることで女性の感情を動かすことができます。

会話の例


頭にアホ毛が立っていますよ。

っえ?どこですか?

冗談です。焦っている姿も可愛いですね。

からかっている会話の中で、ワンポイントでさらっと女性を褒める言葉を使うとより効果的です。

喋らないでもモテる方法

あなたの周りにも別にイケメンでもなければ話が面白いわけでもないのにモテている男性がいると思います。
そういった男性は喋らないでもモテる方法を知らないうちに行っているのです。

知らないうちに行っている人は良いですが、それはごくわずかな人でそれ以外の人はそのことを意識して女性と接する必要があります。
喋らないでもモテる方法とは、「ボディランゲージ」です。

ボディランゲージを習得すれば、話がつまらなくても、一度も話したことがない人や話が通じない外国人の女性からモテる事ができます。

このことを証明しているのがメラビアンの法則です。
一度は聞いたことがある単語だと思いますが、メラビアンの法則とは簡単に説明すると人が認識する情報量の比率のことです。

・メラビアンの法則
言語情報:7%
聴覚情報:38%
資格情報:55%

例えば、LINEなどでは文章のみのやり取りのため、相手が「ふざけんな!」と言ってきた場合、冗談なのか本気なのかわかりません。
しかし、実際に会ってお話しする場合、「ふざけんな!」と言われた時の相手の表情やしぐさで冗談か本気かを検討付けることができます。

つまり、人はイントネーション>ボディランゲージ>言葉の内容の順番で判断するのです。

あなたの上司の身長が自分よりも小さいのに、随分大きく見えることがありませんか?
これは上司が堂々とふるまっている、つまりボディランゲージを判断してそう感じているのです。

ここまで説明を聞けばわかると思いますが、先ほど説明した会話術も重要ですが、ボディランゲージを習得したほうがより女性からモテることができるということです。

アイコンタクト

女性と目が合ったときに相手よりも先に目を逸らさないようにしてください。
人と目が合ったときにずっと見つめていることは照れくさいですが、目を逸らさずにお話を聞いてくれる男性のことを女性は好む傾向があります。

睨むのではなくてみつめる感じでアイコンタクトを取りましょう。

しかし、ずっと見つめていると不自然なので、相手が目を逸らしたり、飲み物を取るときには目を逸らすようにしましょう。

女性とお話しするときは、しっかりと自分の声を発生するようにしてください。
たまに街コンに来ている男性で声が小さくて何をしゃべっているかわからない人がいます。

自分に自信がない男性、はっきりと喋らない人と悪い印象を女性に与えてしまいます。

姿勢

成人の方で猫背の人の割合は7割以上と聞いたことがあります。
姿勢が悪いと自身がなさそうに見えたり、歳を取っているようにみられてしまいます。

小さいころ親に「背筋を伸ばしなさい!」と言われた経験は誰しもあると思いますが、婚活で女性とお話する場合もしっかりと背筋を伸ばすようにしましょう。

また、たまに女性の方へカラダが傾いてしまっている男性がいます。
好意のある女性がいた場合、自然とカラダが傾いてしまうそうですが、自分に興味があると相手にバレバレです。
そうすると、この男性は簡単に自分のものにできると思われてしまい、女性の方が優位な状態になってしまいます。

ゆっくりと動作する

社長や偉い方を想像してください。
こういう方はみんなどっしりと物事をとらえているため、ゆっくりと動作していますよね。

女性は余裕のある男性のことが好きです。
せかせかと動作していると余裕がないように見られてしまうので、ゆっくりと動作するようにしましょう。

無駄なジェスチャーをやめる

以下にあてはまる自分の癖がある人はやめられるように努力しましょう。

無駄なジェスチャー

  • 貧乏ゆすり
  • 瞬きが多い
  • 自分の爪を触る
  • ぽりぽりと頭をかく
清潔感

清潔感については別の記事でも紹介していますが、第一印象を決める重要なステータスです。

もっとも簡単な第一印象の好感度アップは清潔感だ!

続きを見る

洋服や髪型

洋服や髪型は顔以上に重要なパーツです。
「顔はイケメンなのに残念すぎる男性」という言葉を聞いたことがあると思いますが、見た目が良くないと女性にはそう思われてしまいます。

モテる男性を見てもらえばわかると思いますが、みんな洋服や髪型がしっかりしていますよね。

表情

表情は自分の心の中を映し出してしまいます。
自信がなさそうにしていると、相手に伝わってしまうので注意しましょう。

また、愛想笑いなども大切ですが、それよりも自分の思った通りに表情を出すようにしましょう。

モテるためのマインドセット

実は今まで説明してきたことは、全てモテるためのテクニックであり本質ではありません。
テクニックを使用するためには、モテるためのマインドセットを習得する必要があります。

逆にマインドセットさえ習得してしまえば、婚活中に焦ってテクニックを忘れてしまっていても対応することができます。
そのために、これから紹介する7つのマインドセットを頭に入れておきましょう。

1.人は手に入らないものほど欲しがる

追いかけられる恋よりも追いかける恋をしたい人の方が多いと思います。
これは女性も例外ではありません。

自分から女性に対して好意丸出しでは相手に主導権を握られ、相手の感情を動かすことができません。

大切なのは自分は「女性のもの」ではないという意識を持つことです。
「俺は簡単には手に入らないよ」と女性に示してあげる必要があります。

2.リスクはすべて男性がとる

連絡先を聞くとき、デートに行くときなど、婚活ではあらゆる場面で選択する場面が訪れます。

女性は頼れる男性を求めています。
これから起こる事は全て男性の責任だと思って行動しましょう。

3.この子は自分の妹だ

アニメでよくある兄弟ラブコメではありません。

自分の妹に対して変な気をつかうお兄ちゃんはあまりいません。
自分の妹であれば自然体で接することができますよね。

女性で好きなタイプはお兄ちゃんと答える人も少なくないと思いますが、お兄ちゃんは余裕があり、頼りになる存在です。
女性はそういう男性を求めているのです。

4.それもかわいい

婚活をしているとあらゆるタイプの女性と出会うでしょう。
中にはイラっとする女性もいるかもしれません。

しかし、イラっとするのではなく、そこもあなたの特徴でかわいいと思えるようになってください。
「女性という存在がかわいい」と思える価値観を持ってください。

そう思うことで心に余裕を持つことができます。

5.コミュニケーションは受け手が決める

自分はこう伝えたつもりなのに、相手には全く伝わっていない。
恋愛だけでなく、職場でもよくあるお話です。

相手に自分の良さを分かってもらえなかったら相手に原因があるのではなく、自分に原因があると思うようにしましょう。
そうすることで、失敗した経験を糧に成長することができます。

6.断れることは失敗ではなく過程だ

街コンで出会った女性に連絡をしたのに返信がない、デートに誘ったけど断られた。
婚活中は、幾度となく女性に断られることがあるでしょう。

しかし、それに怯えていては前には進めません。
断られることは失敗だと思ってしまうと自分に自信が持てないままになってしまい、成長することができません。

モテる男性は、断られることは成長する過程だと考えています。
どんどん断られることで経験を積み、自分を成長させましょう。

勘違いしている人も多いと思いますが、モテる男性ほど断られている数は圧倒的に多いのです。
これは、場数が多いことが理由ですが、初めからうまくいく人なんて、ほんの一握りです。

何度もトライして打率を上げていきましょう。

7.自分以上に価値のある女性はいない

女性に対して自分よりも価値があると思ってしまうと、女性に対してかしこまってしまいます。
そうすると、女性からは「簡単に手に入る男性」と思われてしまいます。

しかし、あなたの人生にとってあなた以上の価値のある人間はいません。
このことを胸に刻みましょう。

あなたは人に自分の人生を差し出したいですか?
それくらい自分自身には価値がある事を理解してください。

まとめ

今回紹介した内容は、どちらかといえば街コンなどに参加して女性との出会いが多い人向けの恋愛マニュアルです。
今まで何人もの女性と出会っているが、うまく続かなかったひとは女性との接し方が間違っていたのかもしれません。

特に街コンなど一度で何人もの人と出会う場は、相手への印象付けが大切です。
「この人は他の男性とは違うぞ!」と印象付けるためには、他の男性と同じことをしていてはいけません。

中には過激すぎて自分にはできない事もあると思います。
もちろん全て最初からやれとは言いませんが、自分に足りなかったものどれか一つでも実践していただければと思います。

私自身、このマニュアルを知る前から女性をからかうスキルをいくつか習得していたので「女性とデートに行くことができたんだ」と改めて感じることができました。

まずはどれかやってみたいことを決めて、それだけ実践するだけで婚活の成果が変わるかもしれません。
ぜひトライしてみてください。

フツメンのオススメ婚活サービス

国内最大級の街コンサイト「街コンジャパン」

圧倒的なイベント掲載数で、行きたい街コンがすぐに見つかります。
私も20回以上参加していますが、全額返金保証もあり大変信頼できる街コンサイトです。

参加はコチラ

CHECK!!

街コンジャパンに参加される方はついでにメンズパスも購入しておくと、月額500円でチケット代が毎回10%オフになるので大変お得です。
⇒ 街コンジャパンメンズパスの登録はこちら

マッチングアプリ「Omiai」

私がメインで使用しているマッチングアプリです。
今までに10人以上と出会った実績があり、マッチング率も高いのでオススメです。
簡単にアプリインストールができるので、まずは気軽に試してください。

-モテる男になる方法

Copyright© サク婚部 , 2021 All Rights Reserved.