30代の婚活成功マニュアル

返信率を3倍アップさせるLINEテクニック【恋愛下手な男性必見】

投稿日:2019年6月3日 更新日:

「LINEの連絡をするといつも返信がない」
「LINEとメールの使い方の差がわからない」

気になる女性にLINEでどんな内容を返信すればいいのか悩んでいる男性は結構多いと思います。
特に30代の男性であれば、学生時代の連絡手段といえばメールが主流だったのでLINEなんて使ったことがありません。

近年、婚活をするうえでLINEは必須のツールになりました。
街コンでもマッチングアプリでも、相手と連絡先の交換は全てLINEです。

LINEをインストールしていない人は、婚活の準備が整っていないといっても過言ではない時代になりました。
もしもあなたが婚活中で、LINEのインストールができていないのなら今すぐインストールしてください。

LINEは、デート前から相手と距離を近づくことができる神ツールです。

例えば、あなたは女性とデートの約束をしました。
LINEで話が盛り上がった女性と盛り上がらなかった女性、どちらの女性とのデートが楽しみですか?

きっとLINEで話が盛り上がった女性の方が楽しみな人が多いと思います。

つまり、LINEテクニックを使えば、口下手な人、恋愛下手な男性でもデート前から大きなアドバンテージを得ることができるのです。
この記事では、恋愛下手な男性でも相手からのLINEの返信率を3倍アップさせるテクニックをご紹介します。

この記事のターゲット

  • LINEで相手から返信が来ない
  • LINEの恋愛テクニックを知りたい
  • 会話が苦手な人/恋愛下手な人

LINEで連絡をとるメリット

女性とLINE交換するメリットがいまいちわからない。そんな恋愛下手な男性は、最初にLINEのメリットを理解する必要があります。
以下のようなことが、LINEで連絡をとるメリットです。

LINEのメリット

  • 文字だけで自分をアピールできる
  • 返信内容を考える時間がある
  • いつでも連絡が取れる

LINE最大のメリットは、相手と直接対面して会話しないことです。
つまり、外見に自信がない人でもLINEの内容が面白ければ、相手の女性に好印象を与えることができます。

「人は外見よりも内面が重要だ」
婚活をしている人であれば、一度は聞いたことがある言葉ですよね。

正直なところ、内面はもちろん、外見も気にする女性はたくさんいるので、婚活ではイケメンが有利であることは間違いありません。
では、外見に自信がない人はどうすればよいのでしょうか?

う~ん、やっぱり内面で勝負するしかないっしょ!!

はい、その通りです。
内面で勝負するためには、まず相手に自分のことを知ってもらう必要があります。

でもね、現実は厳しいもので外見だけで恋愛対象外とみられてしまうケースもあります。
しかしLINEであれば、実際に顔を合わせて会話をするわけではないので、恋愛対象外とみられる前に自分をアピールすることができます。

実際に女性とデートするまでに自分のことを相手にたくさん知ってもらえれば、それだけ相手との接点が多くなります。
接点が多くなればなるほど相手との共通点は増えます。

共通点がゼロの状態と、共通点がたくさんある状態だとデートしたときに成功率が高いのはどちらでしょうか?

当然、共通点がたくさんある状態でデートした場合です。
「この男性は私と共通点が多い」、「この男性は優しい」、このように相手に思ってもらえたらデート時に外見だけで偏見を持たれることはなくなります。

とにかくLINEで連絡を取るメリットは外見に関係なく誰でも自分をアピールできることです。
デート前に相手に好意を持ってもらうためには、これから説明するLINEテクニックをうまく使って自分をアピールしましょう。

口下手な人/恋愛下手な人はLINEを使うメリットがたくさん

LINEテクニックを紹介する前に、LINEのメリットについて少し補足です。

あなたは女性と会話するときに、相手からのお話にすぐ返答することができますか?
口下手なひとや恋愛下手な人は、すぐに返答できなくて悩んでいる方もいると思います。
私も昔は女性と会話するのが苦手で、どう返答していいかわからずに悩んでいました。

うまく何を返答すればいいかわからない、とりあえず思ったことを話しておこう。
その結果、取り返しのつかないような内容を話してしまい、そのまま恋愛対象外になってしまう場合もあります。

しかし、LINEであれば相手からの連絡に対してじっくりと考えてから返信ができます。
内容をしっかり考えてから返信すれば、失敗することはありませんよね。

また、カラダや口を使って感情を表現することが下手な人もLINEでは心配ありません。
その理由は、文字だけでで感情を表現することができるからです。

このように、会話と文字は同じようで実は大きく違います。
LINEのテクニックをマスターして相手からのメッセージに返信すれば、恋愛下手な人でも女性と楽しく会話することができるようになります。

LINEで連絡を取り合えば、いつかは実際に女性と直接会ってお話する機会がきます。
LINEテクニックを使って相手と仲良くなっていれば、最初にお会いした段階でかなりアドバンテージを持った状態でデートすることができます。

恋愛下手でもできる!返信率が3倍になるLINEテクニック

女性とLINEで連絡するときに、最も大切なことってわかりますか?
言い換えると、女性はあなたとのLINEのコミュニケーションで何を求めていますか?

女性は、男性から「自分の感情を動かされること」を求めています。
つまり、LINEテクニックではいかにして女性の感情を動かすことが重要になります。

LINEは言葉だけで相手とコミュニケーションを取りますが、実際に相手と会って会話する場合とは異なります。
言葉は実際の会話と比べて圧倒的に相手の感情を読み取れる情報量が少ないのです。

例えば、相手が「ありえないんだけど!!」とLINEで返信がきたとします。
この言葉の情報だけでは、相手が怒っているのかふざけて言っているのかわかりません。

しかし、実際に会話をしていれば相手の表情であったり声のトーンで相手がどう思っているのか理解できますよね。
このように、文字だけで行うコミュニケーションは相手の感情を読み取ることがとても難しいのです。

しかし、あなただけが相手の感情を理解できていたら相手はどう思いますか?
きっと、「彼は私のことを理解してくれる素敵な男性」と思ってくれるでしょう。そうすれば、あなたは相手の女性にとっての特別な存在になります。

LINEテクニック1.文字の感情を読み取る

まずは相手の返信内容を熟読して、相手の感情をしっかり読み取りましょう。

例えば、女性から料理の写真が送られてきたとします。
女性はいったい何を思って料理の写真を送ってきたのでしょうか?あなたならどのように返信しますか?

料理めちゃくちゃ美味しそうだね。

しかし、女性は料理を褒めてほしいのではなく、料理を毎日作っている自分の努力について褒めてほしいのかもしれません。
女性の気持ちを理解することはとても難しいです。
文字に隠された相手の感情を読み取ることが重要とはこういうことです。

正直にいうと、100点の答えはありませんが、相手の生活や性格を理解したうえで返信すれば、相手の感情に対して適切な返信ができるようになります。
最初はまったく相手のことなんてわからないと思いますが、LINEの連絡を重ねることで相手がどのような女性なのか考えるクセをつけましょう。

LINEテクニック2.絵文字や顔文字を使って感情を表現

LINEで返信する場合は、顔文字屋絵文字をうまく使って、自分の感情を文字で表現しましょう。
まずは、例文を2つ用意したのでご覧ください。

表現の例1

A:料理おいしそうだね。
B:わー、その料理めちゃくちゃうまそう!!

表現の例2

A:ありえないんだけど。
B:まじありえないんだけど(*´▽`*)

AとBどちらが相手に感情が伝わりますか?
Bの方が相手に感情を伝えることができるのは一目瞭然ですよね。きっと例文をご覧になった人も同じように感じたと思います。

しかし、顔文字や絵文字を使うときに注意する必要があるポイントがあります。
それは、顔文字や絵文字を多用しすぎないことです。

学生のような若い世代の男性が絵文字を使うなら問題ありませんが、大人の男性が絵文字を多用しすぎると幼稚に思われてしまいます。
また、相手が絵文字を使わないようなひとなら絵文字ではなく、顔文字を使うようにしましょう。
あくまでも絵文字や顔文字は適量を守るようにしてください。

LINEテクニック3.恋愛のステップを理解する

女性と出会ってからカップルになるまで5つの恋愛のステップがあります。

恋愛のステップ

  1. 他人
  2. 知り合い
  3. 友達
  4. 友達以上
  5. 恋人

LINEの返信内容は、今自分がおかれている恋愛ステップによって内容を変える必要があります。
実はこの部分ができていない男性がとても多いのが実態です。

例えば、出会ってから間もない女性にLINEで朝に「おはよう」、昼に「昼ごはん何食べたの?」、夜に「おやすみ」と送っても相手は何も感じません。
むしろ、わざわざおはようとか返信来るのめんどくさいと思われてしまう可能性もあります。

しかし、同じようなケースで恋愛のステップが友達以上の場合、「おはよう」と連絡を送れば、相手も「おはよう」と返信してくれるようになります。
その理由は、あなたに対して好意があり、また、当たり前の日常会話だからです。

この恋愛ステップを理解していないと、相手からはただのなれなれしい男性と思われてしまうだけなので十分注意しましょう。

各恋愛のステップで気を付けるポイント

LINEテクニックでは、各恋愛のステップごとで相手に返信する内容が違います。
各ステップで気を付けるポイントはたったの2つです。

気を付けるポイント

  • 連絡の頻度
  • 返信の内容

各恋愛のステップをしっかり理解したうえで、女性とLINEの連絡を行うことで相手から返信がくる可能性が高くなります。
それでは、各ステップにおいてのテクニックを紹介します。

1.他人

他人の状態とは、一度もお会いしたことがない相手や、一度もLINEで連絡していない状態です。
マッチングアプリでいうと、マッチングしたばかりの状態です。
街コンでいうと、LINE交換をしたばかりの状態です。

このステップは、相手の警戒心が最も高い時期です。
まずは相手の警戒心をほどいてあげるため、LINEの内容は相手の関連のあるものにしましょう。
例えば、相手の趣味や相手のお仕事などは定番ネタですし相手も返信しやすいのでいいですね。

また、他人の状態では相手から返信が返ってこない可能性も十分考えられます。
返信率を高めるためには、自分から送る内容の最後にクエスチョンをつけると効果的です。

会話の例


A子さんのご趣味は何ですか?

旅行が大好きです!!

旅行いいですよね!!俺も大好きです。最近どこか行かれましたか?

クエスチョンを付けることで相手も返信がしやすくなりますよね。
例文のように、まずは自分から質問をして相手から返信が来たらそのことについて質問をする。
連絡を始めたばかりのことは、その繰り返しで問題ありません。

質問するときのコツをお話しておくと、最初にクローズドクエスチョンをして、その後にオープンクエスチョンにするといった方法もあります。

質問の種類について

クローズドクエスチョンとは、相手が「はい」か「いいえ」で答えられる質問です。
例:旅行は楽しかったですか?

オープンクエスチョンとは、相手が自由に答えられる質問です。
例:旅行で一番思い出に残ったことは何ですか?

他人の状態でLINEの送る内容がわかったところで、次に意識するポイントは連絡の頻度です。
最初の頃は、相手の返信するペースに合わせるのがいいです。
例えば、返信が10分おきに来る相手であれば10分後に返信すればよいですし、1日に1回返信が来るの相手であれば1日1回返信すればいいでしょう。

しかし、こちらからあまりLINEを送りすぎてはいけません。そのうち話すネタが尽きます。
10分おきに返信が来る相手であっても、それを永続させるわけではなく、ある程度話の区切りがついたら時間を置くようにしましょう。

また、LINEの文字数も相手に合わせるのが相手の負担にならないのでいいですね。

他人の状態で連絡を取り合う目的は、相手を知ることです。
そのことを理解しながら、相手にLINEのメッセージを送ってみてください。

2.知り合い

知り合いの状態とは、一度相手と会ったことがある状態です。
マッチングアプリでいうと、マッチングしてからご飯に行った後の状態です。
街コンでいうと、イベントが終わって一度ご飯に行った後の状態です。

この恋愛のステップになると、お互いのことを少しは理解している状態なので、LINEの連絡を重ねればデートに誘える可能性があります。
しかし、まだ友達にもなっていない状態なので、送る内容は他人のステップと同じように相手を優先にしながら返信をしてください。
その中で、自分を少しずつアピールできればなおよしです。

大切なのは、相手の感情を動かしながら自分の感情をうまく伝えることです。
LINEテクニックを使いながら、相手との距離を少しずつ縮めていきましょう。

例えば、「わー」とか「おー」とか感嘆文をメッセージに入れてみる。
絵文字や顔文字を使ってみるなどすれば、自分の感情をうまく伝えることができますね。

3.友達

友達の状態は、二人きりで遊びに行ったことがあったり、毎日LINEの連絡を取り合っている状態です。
マッチングアプリでいうと、マッチングしてから2回目のデートに行った後の状態です。街コンの場合も同じです。

すでに一度は二人きりで遊びに行っている仲ですから、相手の警戒心もなくなってきている時期です。
相手の趣味だけでなく、日常で面白いことや気になることがあったら共有することで、さらに相手との距離を縮めることができます。

また、2回目のデートに行った後にLINEの連絡が続くということは、少なくとも相手が自分に好意がある証拠になります。
このタイミングを逃さず、メッセージをしている中で3回目のデートの約束をするようにしましょう。

タイミングとしては、二人きりで遊びに行ってから一週間以内です。
それを過ぎると相手の熱も冷めてしまうので、鉄は熱いうちに打ちましょう。

4.友達以上

友達以上の状態とは、二人きりで何回かデートに行った後の状態です。

友達以上の恋愛のステップになれば、相手は自分のことを理解してくれているのでどんな内容の返信をしても相手が嫌がることはありません。
しかし、下ネタや相手を批判するような常識に欠ける内容は、相手の好感度を下げてしまうので返信しないように注意してください。

友達以上の関係となれば、次に目指すべきステップは恋人です。
つまり、デートに誘って告白をする必要があります。

告白の成功率を高めるために、LINEのメッセージでお互いの価値観の共有をしたり、自分をアピールしておいた方がいいですよ。
例えば、恋人には毎日必ず1通はLINEの返信するとか、季節のイベントは一緒に行ってみたいとかそんな感じです。

ちなみに、LINEを送る頻度は今までやり取りしていた頻度で行えば大丈夫です。
ネットでよく見る返信の間隔を遅くするなど、変な恋愛テクニックは必要ありません。

5.恋人

恋人の状態とは、見事告白に成功して二人がカップルになった状態です。

恋人のステップになったからといって、LINEで相手になんでも送っていいわけではありません。
特に付き合いたての頃は、相手の気持ちも変わりやすいので、今まで相手に失礼のない内容にしてください。

たまに恋人になったとたん、俺様になる人がいるので本当に気を付けてくださいね。
恋人にもなれば、お互いがやりやすいペースでLINEの連絡を取りましょう。

まとめ

今回は、3つのLINEテクニックをご紹介しました。

会話でもLINE連絡でも、女性がコミュニケーションで求めている事は「感情」です。
まずはこのことをしっかり頭に入れてから相手とLINEをすることで、相手からの返信率が激変しますよ。

しかし、LINEのような文字だけでコミュニケーションを取る場合は、相手の感情や自分の感情をうまく表現することが難しいです。
しっかりと相手に自分の感情を伝えるためには、いつもより少し大げさに感情を表現してみたり、顔文字や絵文字をうまく利用しましょう。

忘れてはいけないことが、恋愛には仲良くなるまでのステップがあるということです。
お互いの関係性をしっかりと理解したうえで、LINEの連絡を取りましょう。

LINEを使えば、外見に関係なく相手に好印象を与えることができます。
この記事でご紹介した内容をうまく利用すれば、素敵な女性と出会うことができます。
特に口下手な人や恋愛下手な人はLINEのやり取りがしょうぶです。ぜひ参考にしてください。

今すぐテクニックを使ってみよう

マッチングアプリ「ペアーズ」ならたくさんの女性と出会えることができます。
女性とマッチングしたら、LINEテクニックを使って素敵な出会いを体験してみてください。

⇒ ペアーズに無料会員登録する
⇒ ペアーズの詳しい情報

-30代の婚活成功マニュアル

Copyright© サク婚部 , 2021 All Rights Reserved.